CBD MAX

CBDMAXに依存性のリスクはある?

CBDMAXに依存性のリスクはあるの?

電子タバコのCBDMAX(シービーディーマックス)を吸うに当たり、次の疑問を抱えている方はいませんか?

  • 大麻の成分だから依存性があるのでは?
  • 一度使ったらやめられなくなるのでは?
  • 乱用のリスクがあるのでは?
  • CBDMAXは大麻の成分のCBD(カンナビジオール)を体内に取り入れる形になりますので、依存性や乱用のリスクが気になりますよね。

    null

    しかし、結論から言うとCBDMAXに依存性は一切なしです。

    大麻のような精神作用や依存性は全くありませんので、誰でも安全にCBDMAXを吸って楽しむことができます。

    確かに、マリファナは離脱症状(運用している薬物を断った時に引き起こされる禁断症状)や切望感(使用をやめられない状態)が強いのが特徴です。

    以下では、代表的な成分ごとの離脱症状や切望感、依存性のリスクについてまとめてみました。

    < 離脱症状 >

  • ニコチン:3
  • ヘロイン:2
  • コカイン:4
  • アルコール:1
  • カフェイン:5
  • マリファナ:6

  • < 切望感 >

  • ニコチン:4
  • ヘロイン:2
  • コカイン:1
  • アルコール:3
  • カフェイン:6
  • マリファナ:5

  • < 依存性 >

  • ニコチン:1
  • ヘロイン:2
  • コカイン:3
  • アルコール:4
  • カフェイン:5
  • マリファナ:6

  • 上記のデータを見るとマリファナがいかに危険かわかりますが、CBDMAXは精神作用やハイになるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を取り除いています。

    CBD(カンナビジオール)は医療大麻とは別の区分になりますので、この成分を使ったCBDMAXに離脱症状や依存性はありません。

    CBDMAXに依存や耐性が見られない理由

    CBDMAXに依存や耐性が見られないのは、WHO(世界保健機関)で安全性が証明されているのが理由です。

    動物研究や実際に使用したヒトにより、CBD(カンナビジオール)が身体に与える影響が少ないことがわかっています。

    もちろん、CBD(カンナビジオール)は下記のように日本でも規制物質には該当しません。

  • 日本では大麻の種子や茎から抽出されたCBD(カンナビジオール)は規制対象ではない
  • CBD(カンナビジオール)は日本法における規制対象物質に含まれていない
  • 健康食品として取り扱われているが、使用による健康保険は適用されない
  • 電子タバコのCBDMAXに入っているのはCBD(カンナビジオール)だけで、有害成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)は除去されています。

    null

    しかも、CBDMAXは厚生労働省監視指導麻薬対策課の厳密な審査を通過しているため、危険性が一切ないことはおわかり頂けるのではないでしょうか。

    ※電子タバコのCBDMAXの安全性が高い理由については、下記のページで詳しく解説しています。

    >> CBDMAXは違法?それとも合法?安全性について徹底解説!

    CBD(カンナビジオール)は極めて高い投与量でなければ、生理学的に毒性はありません。

    むしろCBDMAXは身体調節機能のエンドカンナビノイドシステム(ECS)の働きをサポートし、ストレスを和らげたり深い睡眠に導いたりしてくれます

    CBDMAXくん
    CBDMAXくん
    タバコとは違う方法でリラックスしたいな~
    cbdちゃん
    cbdちゃん
    最近は疲れが溜まっていてあまり眠れないな~

    と感じている方にCBDMAXはおすすめです。

    CBDMAXはMEGALOPOLIS株式会社の公式サイトで購入することができますので、是非一度試してみてください。

    null

    リラックスの新常識「CBD MAX」

    公式サイトはこちら

    ※今だけ「特別価格」でお試しできます!
    ※特別キャンペーンにつき4回以上の継続が条件です

    公式サイト:https://mglpl.com/lp

    タバコに依存性はあるの?

    電子タバコのCBDMAXは、まだ日本では知名度が高いとは言えません。

    cbdちゃん
    cbdちゃん
    CBDMAXってそもそも何なの?
    CBDMAXくん
    CBDMAXくん
    大麻の成分を使っているなんて違法なのでは?

    とイメージしている方は数多くいますね。

    しかし、CBDMAXよりも遥かにタバコの方が依存性が高いので注意しないといけません。

    タバコの依存性が高いのは有害物質のニコチンが含まれているのが理由で、「ニコチン中毒」「ニコチン依存」と呼ばれる状態です。

    タバコを吸ってニコチンを摂取すると、

  • ノルアドレナリン
  • セロトニン
  • ドーパミン
  • アセチルコリン
  • グルタミン酸塩
  • などの脳内神経伝達物質の分泌量が増えます。

    しかもニコチンは吸収スピードが速くて体内から消失しやすいため、タバコは依存性が高いわけです。

    以下では、ニコチン依存症スクリーニングテスト(Tobacco Dependence Screener)の内容をまとめてみました。

  • 自分が吸うよりも多くタバコを吸ってしまうことがある
  • 本数を減らしたり禁煙を試みたりしたが、以前にできなかった経験がある
  • 禁煙した時にタバコが欲しくて我慢できない状態になった
  • タバコの本数を減らし、「イライラ」「落ち着かない」「集中できない」「憂鬱感」などの症状が出た
  • イライラや集中できない症状を消すためにタバコを吸い始めてしまった
  • 重い病気を患っている時も身体に悪いと知っていながらタバコを吸った
  • タバコが影響で自分に健康問題が起きているとわかっているのに吸ってしまう
  • タバコが影響で自分に精神的問題が起きているとわかっているのに吸ってしまう
  • 自分はタバコに依存していると感じることがある
  • タバコが吸えないような仕事や人付き合いを避けることが何度かある

  • 上記の項目に当てはまる数が多ければ多いほど、ニコチン依存のリスクが高まります。

    ニコチンだけではなく、わかっているだけでも4,000種類以上の有害物質や化学物質がタバコの中には含まれていますので、タバコの害が大きいのは間違いありません。

    CBDMAXを使って禁煙してみよう!

    タバコに依存している方は、CBDMAXで禁煙を始めてみてはいかがでしょうか。

    電子タバコのCBDMAXは、禁煙サポートグッズとしても重宝されています。

    ※CBDMAXが禁煙に向いている理由はこちらのページをチェック!

    >> 禁煙したい方にはCBDMAXがおすすめ!

    null

    CBDMAXの中には、タバコに含まれているニコチンやタールは一切入っていません。

    喫煙を同じように蒸気を吸い込んで吐き出す形になりますので、口が寂しいと感じることもないでしょう。

    CBDMAXは依存性や危険性がないだけではなく、リラックス作用で毎日の生活を充実したものに導いてくれますので、是非一度使ってみてください。