CBD MAX

CBDMAXが肌荒れや肌トラブルに良い理由

CBDMAXが肌荒れや肌トラブルに良い理由をまとめてみた

電子タバコのCBDMAXは、ストレスの緩和や不眠症の改善に良いと注目を集めています。

CBDMAXの効果に関しては下記のページで詳しく説明していますが、有効成分のCBD(カンナビジオール)でリラックス効果を得られるのが大きな特徴です。

>> 電子タバコのCBDMAXで得られる4つの効果

しかし、CBDMAXはリラックス作用だけではなく、肌荒れや肌トラブルにも良いことをご存知でしょうか?

null

CBD(カンナビジオール)は大麻から抽出される安全性の高い成分で、植物の中に含まれている化学物質(ファイトケミカル)です。

日本では少ないのですが、海外ではCBDオイルを含むクリームや美容液などのスキンケア用品が増えています。

電子タバコのCBDMAXは簡単にCBD(カンナビジオール)を取り入れられますので、身体の内側から肌荒れや肌トラブルに働きかけてくれる仕組みですね。

このページでは、CBD(カンナビジオール)が肌荒れや肌トラブルに良い理由を詳しくまとめてみました。

皮脂の分泌量を調整してニキビを減らす

CBDオイルを含む化粧品を使い、ニキビや吹き出物が減ったと口コミを残している方はいます。

これはCBD(カンナビジオール)が皮脂の分泌量を調整してくれるからです。

皮脂と聞いて嫌なイメージを思い浮かべる方はいますが、下記のように私たちの肌に欠かせません。

  • 外部からウイルスや細菌が侵入するのを防ぐ
  • 肌からの水分蒸発を抑制して潤いを保つ
  • 肌の表面を覆って理想的なバリア機能を維持する

  • しかし、あまりにも皮脂の分泌量が多いと他の汚染物質と混ざり合い、毛穴の中に詰まってニキビや吹き出物の原因になります。

    CBD(カンナビジオール)を摂取して過剰な油性皮脂が作り出されるのを防ぐことができれば、ニキビの症状の悪化を予防できるわけです。

    もちろん、ニキビは過剰な皮脂だけではなくホルモンバランスの変化や間違ったスキンケアなどいくつもの要因が絡んでいますので、CBDMAXで確実に治せるわけではありません。

    それでも、新たなニキビを防ぐ手段の一つなのは間違いありませんので、肌トラブルを防ぎたい女性にはCBDMAXがおすすめです。

    null

    リラックスの新常識「CBD MAX」

    公式サイトはこちら

    ※今だけ「特別価格」でお試しできます!
    ※特別キャンペーンにつき4回以上の継続が条件です

    公式サイト:https://mglpl.com/lp

    抗炎症作用で肌の赤みを抑えられる

    CBDMAXの中に含まれているCBD(カンナビジオール)には、抗炎症作用があります。

    肌の赤みや炎症を和らげてくれますので、CBDMAXは肌全体の健康を守るのに効果的です。

    そもそも、肌の赤みや炎症がどのような原因で引き起こされるのか見ていきましょう。

  • 加齢による影響で皮脂の分泌量が低下して肌が乾燥している
  • 秋から冬の季節の乾燥した空気で肌がカサカサの状態になっている
  • 肌への刺激でバリア機能が崩れている

  • 皮脂の分泌が増えすぎるとニキビや吹き出物の原因になりますが、逆に欠乏すると肌が乾燥してトラブルを引き起こしやすくなります。

    肌の炎症を放置しているとかゆみや湿疹に繋がりやすいため、高い抗炎症作用を持つCBD(カンナビジオール)が優れているわけです。

    乾燥肌や敏感肌の方は肌の乾燥が加速して赤みや炎症が引き起こされやすいので、日々の生活の中にCBDMAXを取り入れてみてはいかがでしょうか。

    アトピー性皮膚炎に効果を発揮する

    CBD(カンナビジオール)は、アトピー性皮膚炎にも効果を発揮します。

    アトピー性皮膚炎を中心とするアレルギーは、免疫系に問題が潜んでいるケースが少なくありません。

    CBDMAXに含まれているCBD(カンナビジオール)は、免疫システムのバランスを保つエンドカンナビノイドシステム(ECS)の働きをサポートしてくれます。

    エンドカンナビノイドシステム(ECS)の作用がストレスや生活習慣で弱まっていると、アトピー性皮膚炎の悪化や肌トラブルに繋がりやすいのです。

    つまり、CBDMAXの摂取でエンドカンナビノイドシステム(ECS)の働きが改善されると、肌の悩みが生じにくくなりますよ。

    ただし、アトピー性皮膚炎の治療は次の3つを並行して行うのが基本です。

  • 日々の正しいスキンケアで皮膚を清潔にして潤いのある状態をキープする
  • 医薬品を服用して皮膚の炎症を抑える
  • 環境中の悪化因子を見つけて可能な限り取り除く
  • 正しい治療を継続することで、アトピー性皮膚炎の症状をコントロールしてかゆみや湿疹のない状態に促すことができます。

    CBDMAXを吸ってもアトピー性皮膚炎を完治させるのは難しいため、かかりつけの医師の指示に従ってきちんと対策してください。

    null

    CBDオイルを含むおすすめの化粧品は?

    肌トラブルで悩んでいる方は、電子タバコのCBDMAXに加えてCBDオイルを含む化粧品を使ったスキンケアがおすすめです。

    2つを併用すれば、身体の内側と外側の両方から働きかけて肌荒れの改善を目指すことができます。

    ここでは、CBDオイルを含むおすすめの化粧品をいくつか紹介していますので、自分の肌質に合いそうなものを使ってみましょう。

    CBD DAILY(CBDデイリー)

    アメリカの大手CBDブランドから販売されているコスメで、アーモンド油やローズマリー葉油など天然の植物由来成分を加えた美容オイル

    Soothing CBD Skin Balm(スージングスキンバーム)

    乾燥肌やカサカサ肌に働きかけてハリやツヤのある状態に導くクリームで、マッサージクリームとしても使える

    Balancing CBD Face Cream(バランシングCBDフェイスクリーム)

    CBDオイルや植物ベースの成分がオイリー肌や混合肌に働きかけて肌本来のクリアな状態に導く化粧品

    エリクシノール CBDオイル

    刺激性の低いCBDオイルやホホバオイルをベースにしたロールオンオイルで、良質なリラックス効果も同時に得られる

    化粧水タイプやクリームタイプなど使用感は異なりますが、どれも乾燥肌や肌の炎症に働きかけてくれます。

    乾燥や炎症は肌トラブルの大きな原因になりますので、CBDオイルが配合された化粧品でスキンケアを行ってみてください。

    まとめ

    CBDMAXに含まれているCBD(カンナビジオール)が肌荒れや肌トラブルに良い理由はおわかり頂けましたか?

    CBD(カンナビジオール)はリラックス効果だけではなく、

    「皮脂量を調節する」
    「炎症を抑える」
    「アトピーを和らげる」

    といった作用もあります。

    健康的な肌を保つサポートをしてくれますので、電子タバコのCBDMAXやCBDオイルを含む化粧品を使ってみてください。