CBD MAX

CBDオイルの濃度による違い!CBDMAXは何%?

CBDオイルの濃度による違いをまとめてみた

現在では大麻の成分のCBDカンナビジオール)が含まれた商品が下記のようにたくさん販売されています。

  • CBDオイル
  • CBDリキッド
  • CBDクリーム
  • CBD入り入浴剤
  • CBD入り湿布
  • 大麻に対して日本の法律は厳しいのですが、精神作用を持つTHCテトラヒドロカンナビノール)は一切含まれていません。

    安心してCBD(カンナビジオール)入りの商品を使うことができますので、日本でも人気が急上昇しています。

    数多くの製品の中でも、経口摂取できるCBDオイルの種類は豊富ですね。

    CBDオイルを摂取することにより、身体調節機能のエンドカンナビノイドシステム(ECS)の働きをサポートしてリラックス効果やリフレッシュ作用が得られます。

    null

    このCBDオイルを選ぶに当たり、濃度で比較するのは大事です。

    CBDの濃度が高いオイルほど、期待できる効果は高くなっていきます

    ご自身の悩みによってベストなCBDオイルの濃度には違いがあるものの、最初は500㎎や5%前後の商品を選んで体質に合うのか判断した方が良いでしょう。

    濃度の低いCBDオイルの摂取から始めて、自分の体調と照らし合わせて含有量を上げていきます。

    CBDオイルのパッケージには濃度が必ず記載されていますので、購入する前にきちんとチェックしておいてください。

    CBDリキッドは高濃度タイプもあり!

    高濃度のCBD(カンナビジオール)を摂取したいのであれば、CBDオイルではなくCBDリキッドがおすすめです。

    CBDオイルやCBDペーストは経口摂取するのに対して、CBDリキッドは蒸気摂取になります。

    蒸気摂取では肺から毛細血管にCBD(カンナビジオール)を届けることができるため、経口摂取と比較してみると生体利用効率が高いのです。

    ここでは、高濃度タイプのCBDリキッドをいくつか紹介していますので、選び方の参考にしてみましょう。

    ファーマヘンプ・超高濃度ジェルワックス

    少ない量で効果を実感できるCBDリキッドで、濃度は68%と非常に高い

    Sakura Spectrum Cartridge

    超高濃度50%のCBDカートリッジタイプの製品で、CBDに加えてテルペンも配合されている

    プレミアムブラック・CBDリキッド

    CBDの濃度は5%とそこまで高くないが、クセのあるテイストとフルスペクトラムの実感力で人気を高めている

    ファーマヘンプ社 プレミアムブラック

    濃度5%のライムフレーバーが本来の味わいとライムの爽やかさと上手くかもし出している

    商品によってフレーバーには違いがありますので、口コミや評判の情報を参考にして選ぶのも選択肢の一つです。

    高濃度のCBDを摂取するリスクは?

    CBDオイルやCBDリキッドを使用するに当たり、次の4つの効果を得ることができます。

  • ストレスを軽減しながら眠りの質を改善することにより、不眠症などの睡眠障害の症状を軽減できる
  • 乾燥や炎症を引き起こしている皮膚を滑らかな状態にして、ニキビやアトピーの症状に働きかけてくれる
  • 人の心を平和にして気分を穏やかにすることで、不安感や精神症状を和らげられる
  • 慢性疼痛や炎症を中心に様々な痛みや苦痛を和らげるサポートをしてくれる

  • 精神的なストレスを抱えていることの多い現代人にCBD(カンナビジオール)はピッタリです。

    経口摂取や蒸気摂取でCBD(カンナビジオール)を取り入れて、

    CBDMAXくん
    CBDMAXくん
    ストレスが和らいだ
    cbdちゃん
    cbdちゃん
    よく眠れるようになった

    と口コミを残している方は少なくありません。

    しかし、あまりにも高濃度のCBDオイルやCBDリキッドを使っていると、副作用のリスクが高くなりますよ。

    CBD(カンナビジオール)自体は違法性のない安全な成分でも、使用者の体調や体質によっては次の副作用が出やすいのです。

  • 口の渇き(口内が乾燥して飲み物を飲みたくなる)
  • 低血圧(摂取して数分が経過すると血圧が下がりやすい)
  • 肝薬物代謝(肝酵素のシトクロムP450に作用して薬の代謝プロセスが変化する)
  • 眠気(リラックスすることで眠くなりやすい)
  • 震え(パーキンソン病患者は症状が悪化する恐れがある)
  • CBDオイルやCBDリキッドの濃度を極限に上げても、不快な症状が出ていては全く意味がありません。

    そのため、初めてCBD(カンナビジオール)を摂取する方は、低濃度の製品で様子を見ながら毎日の生活に取り入れるのがベストです。

    電子タバコのCBDMAXの濃度は何%なの?

    電子タバコのCBDMAX(シービーディーマックス)の中には、濃度5%のCBD(カンナビジオール)が入っています。

    null

    濃度が高すぎるCBDオイルやCBDリキッドとは違いますので、身体に大きな負担が加わることはありません。

    CBDMAXは次の4つの理由で、他のCBD製品よりも人気を得ています。

  • いつでもどこでも好きなタイミングで吸うことでCBD(カンナビジオール)を摂取できる
  • 厚生労働省監視指導麻薬対策課の厳格な許可を得て輸入している
  • ニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないと日本食品分析センターの検査で証明されている
  • 毎月届けられる定期コースのネット限定カンナビコースを利用すると、初回に限り特別価格の3,980円で利用できる
  • 5%の濃度のCBDMAXを適度に吸うスタイルであれば、副作用のリスクは限りなく低いですね。

    ※CBDMAXの副作用については、こちらのページで詳しく解説しています。

    >> CBDMAXの副作用について徹底解説!健康に害はあるの?

    リラックスやリフレッシュの新常識として、CBDMAXを購入する日本人も現在では増えました。

    CBD(カンナビジオール)はWHO(世界保健機関)から効果や効能が認められるほどの可能性を秘めた成分ですので、

    ふしぎちゃん
    ふしぎちゃん
    気軽に摂取したい!

    という方はCBDMAXを購入してみてください。

    null

    リラックスの新常識「CBD MAX」

    公式サイトはこちら

    ※今だけ「特別価格」でお試しできます!
    ※特別キャンペーンにつき4回以上の継続が条件です

    公式サイト:https://mglpl.com/lp

    まとめ

    CBDオイルやCBDリキッドは、濃度が高くなればなるほど期待できる効果が高くなります。

    ファーマヘンプ・超高濃度ジェルワックスは、何とCBD68%配合と高濃度です。

    しかし、濃度の高すぎるCBD製品が体質的に合わないリスクも十分にありますので、初めて摂取する方は5%のCBDMAXを選んでみてはいかがでしょうか。