CBD MAX

医療大麻と呼ばれるCBD(カンナビジオール)とは?CBDMAXで吸える?

医療大麻と呼ばれるCBD(カンナビジオール)とは一体何?

医療大麻とは、医療目的で使用される大麻や含まれている成分を指します。

原料の麻の品種自体に関しては、嗜好用と医療用で明確な区別があるわけではありません。

大麻と聞き、

キニナルくん
キニナルくん
恐ろしい薬物なのでは?
ふしぎちゃん
ふしぎちゃん
絶対に手を出してはいけない

とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

しかし、現在では医療大麻の中に含まれている成分のCBD(カンナビジオール)が注目を集めています。

CBD(カンナビジオール)は、大麻の中でも最も薬理効果が期待されている非精神活性化合物です。

日本では大麻取締法と呼ばれる法律がありますので、医療用大麻でも違法になります。

ただし、CBD(カンナビジオール)は健康食品やサプリメントとして位置づけられているため、実際に使っても法律に反することはありません

大麻植物の代表的な成分はCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)

大麻植物の中に含まれている代表的な成分は、CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。

ここでは、CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)の違いを簡単に説明していきます。

CBD(カンナビジオール)

非精神活性で、ハイにさせたり幻覚作用が引き起こされたりといった心配はない

THC(テトラヒドロカンナビノール)

陶酔感を刺激する化学物質で、ハイになる精神活性作用を持つ

「大麻が危険」とイメージする方が多いのは、マリファナの主成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)の影響です。

THC(テトラヒドロカンナビノール)は幻覚作用や記憶障害、学習能力の低下といった弊害があります。

一方でCBD(カンナビジオール)は精神的及び感情的な影響はなく、私たちの健康や美容を促す効果を持ち合わせているのです。

CBD(カンナビジオール)で期待できる効果とは?

大麻成分のCBD(カンナビジオール)は、オイルとして使ったり蒸気として吸ったりして摂取します。

日本でも徐々に注目を集めているのは、様々な効果や効能が期待できるのが理由ですね。

このページでは、CBD(カンナビジオール)の効果について詳しくまとめてみました。

リラックス作用で神経を落ち着かせる

医療大麻に含まれているCBD(カンナビジオール)は、リラックス作用で神経を落ち着かせる効果があります。

過剰になった神経にCBD(カンナビジオール)が働きかけて、リラックスを促して不安感を和らげる仕組みです。

日々の生活でストレスが蓄積し、次の病気や症状で悩まされている方は少なくありません。

  • うつ病を発症して、「気分が落ち込む」「興味や楽しさを持てない」「何をするにも億劫」といった状態になる
  • 不安神経症やパニック障害を発症し、息苦しさやめまいの症状で悩まされるようになる
  • ストレスが原因で日常生活に何かしらの支障を来たす適応障害を発症する
  • 拒食症や過食症など、食行動の異常である摂食障害を発症する

ストレスは万病の元とも言われていますので、健康な生活を送る上での支障になります。

日常生活で上手くストレスを発散できない人に、大麻成分のCBD(カンナビジオール)がピッタリです。

null

不眠症などの睡眠障害を緩和する

CBD(カンナビジオール)を摂取し、次のような口コミを残している方はいます。

cbdちゃん
cbdちゃん
朝に気持ち良く起きられるようになった
CBDMAXくん
CBDMAXくん
以前よりも寝付きが良くなってグッスリと眠れる
cbdちゃん
cbdちゃん
夜中に途中で目覚めることがなくなった

これはCBD(カンナビジオール)の作用で、不安を抑えたりストレスを和らげたりできるからです。

つまり、CBD(カンナビジオール)は不眠症などの睡眠障害の悩みを抱えている方に適していますよ。

ふしぎちゃん
ふしぎちゃん
ただ眠れないだけでしょ?

と不眠症の症状を放置していると、日中に疲れが溜まったり集中力がなくなったりという原因になりますので注意しないといけません。

症状が進行するほど治りにくくなりますので、睡眠障害は早めの対策が必須です。

※不眠症にCBD(カンナビジオール)を摂取できるCBDMAXがおすすめの理由は、下記のページで解説しています。

>> 不眠症にCBDMAXがおすすめの理由

ありとあらゆる病気を予防できる

ありとあらゆる病気の予防で、医療大麻のCBD(カンナビジオール)は注目を集めています。

具体的にCBD(カンナビジオール)で改善が期待できる病気をいくつか見ていきましょう。

  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 中毒症(Addiction)
  • 後天性免疫不全症候群(AIDS)
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • アルツハイマー型認知症(Alzheimer)
  • 動脈硬化症(Atherosclerosis)
  • 神経痛(Arthritis)
  • 癌(Cancer)
  • てんかん(Epilepsy/Seizure)
  • 内分泌疾患(Endocrine Disorder)
  • 過敏性腸症候群(irritable Bowel)
  • 肝臓疾患(Liver Disease)
  • 神経変性疾患(Neurodegeneration)
  • パーキンソン病(Parkinson’s Disease)

2007年11月に公表された研究報告では、CBD(カンナビジオール)が乳癌の悪性癌細胞を減らして浸襲性を軽減できるとの結果が出ました。

他にも様々な研究や臨床試験でCBD(カンナビジオール)の効果が認められていますので、この成分を含む製品の開発がどんどん進められています。

CBD(カンナビジオール)を摂取したいならCBDMAXがおすすめ!

医療大麻の成分のCBD(カンナビジオール)を摂取したい方には、電子タバコのCBDMAX(シービーディーマックス)がおすすめです。

CBDMAXはリラックスや身体のメンテナンスとして、世界中で愛用者が増えています。

null

なぜCBDMAXを使ってCBD(カンナビジオール)を摂取する方法が良いのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • ケースからCBDMAXを取り出して口で吸うだけでCBD(カンナビジオール)を体内に取り入れられる
  • 使い方や吸い方がとても簡単で、いつでも自由なタイミングで楽しむことができる
  • 液体として飲み込む場合と比べて体内への吸収率が高くなる(効果が高まる)
  • 日本食品分析センターで有害物質が一切含まれていないと検査結果が出ている
  • 厚生労働省監視指導麻薬対策課の厳格なチェックで輸入されている

皆さんが想像している以上に、CBDMAXは安全性の高い電子タバコです。

ニコチンやタールは一切含まれていないため、禁煙のサポートグッズとしてもCBDMAXは活用できます。

「ストレスが溜まっている」
「不眠症で悩んでいる」
「イライラしやすい」

という方は、是非一度CBDMAXを使ってCBD(カンナビジオール)を摂取してみてください。

null

リラックスの新常識「CBD MAX」

公式サイトはこちら

※今だけ「特別価格」でお試しできます!
※特別キャンペーンにつき4回以上の継続が条件です

公式サイト:https://mglpl.com/lp

まとめ

医療大麻に含まれているCBD(カンナビジオール)がどのような成分なのかおわかり頂けましたでしょうか。

ストレスを緩和したり様々な病気を予防したりと、CBD(カンナビジオール)の効果はかなり期待されています。

電子タバコのCBDMAXでCBD(カンナビジオール)は摂取できますので、興味がある方はネット通販で購入してみてください。